« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/31

ゆく年くる年

毎年実家で新年を迎えていましたが、今年は仕事の都合により自宅で年越し。
大掃除を済ませ、溜まっていたお洗濯も完了。
うおっしゃー、今日は紅白観ながらすき焼きだぁ、とスーパーにお買い物に行きました。

肉がない。すき焼き用の肉がない。白菜も売り切れ。
都会の大晦日を甘く見てました。

仕方がないので焼肉になりました・・・・・・。

ガラス拭き、フローリングの雑巾がけ、ベランダの水洗いと、気持のよい新年を迎えるために働きアリのようにここ何日かこつこつとやっていた大掃除の苦労が・・・・・・

そんなことが脳裏をよぎりましたが、今日は大晦日。ま、いっか。今日ぐらい贅沢しないで何が大晦日なもんか、ホットプレートで豪快に部屋中油まみれになってやる。

買い物を終え帰宅すると、強風でベランダは枯れ葉だらけ・・・・・・。

今日は焼き肉を噛み締めながら格闘技観戦しまあす。

それでは良いお年を!

091231_222217

| | コメント (11)

2009/12/29

DVDを3 本見ました。

映画館に行きそびれて見れなかった映画を少しづつ見ているのですが、あっという間に時間が過ぎてしまって、気がつくとみのもんたさんが仕事をしている時間になっています。
そういえば、今年笑った5・7・5で、みのさんをお題にしていた作品に「怒るふり、同情するふり、みのもんた」っていうのがあったなぁ〜(^O^)
あっ!こんなこと載せたらマネージャー・大野君に怒られそう…。
話を戻して、今年はずっと早寝早起きを心がけていたのに、油断するとこの有様で反省ですf^_^;
とはいうものの、今夜は日ごろお世話になっている方たちと忘年会です。また夜更かししてしまいそうな予感…なぜならメンバーの中には金髪兄貴・安田氏と敏腕プロデューサー裕子リンとマチもいるからです。
大好きなメンバーと久し振りに会うので、今夜はビールを飲んでしまうかもしれません。
風邪をぶり返さないように気をつけます。

| | コメント (15)

2009/12/27

『アミューズミュージアム』

11月から浅草にオープンしたAMUSE MUSEUM『布を愛した人たちのものがたり展』に行ってきました。
展示してある作品は、民族学者・田中忠三郎さん所有の国指定重要有形民俗文化財“津軽刺し子着物”(世界初公開展示)をはじめ、田中さんが40年以上かけて集めた江戸~昭和に至るまでの青森の民具(生活用品)や衣類です。
奇跡のテキスタイルアートでした。
作品ひとつひとつから、当時の生活が想像できました。
そしてどの作品も、その中で育まれた愛や想いが結集されていました。
消費文化の対極にあるこのアート展は、来年の2月28日までやっています。
場所は浅草の浅草寺境内東側、二天門に隣接しています。
実際に展示してある作品を触ることができるので、布を織った人々や刺し綴った人々の想いや愛情を肌で感じることができます。
(ちなみに私は3時間居たのですが、足りないくらいステキな場所でした)
私は、今後海外からきた友達に紹介して、日本の文化を一緒に勉強していきたいと思っています。
AMUSE MUSEUMは他にも浮世絵も展示してあって、浮世絵をより楽しむことができる映像も流れているので必見です。
そして観覧した後は、最上階で浅草の夜景を見ながらお酒を飲むこともできます。
アミューズならではの一風変わったミュージアムです。

091206_155600

091206_163023

091206_163323

091206_190641


| | コメント (10)

2009/12/25

サンタさんに逢えました(^O^)

昨日の親睦会は、のっぴきならない理由で急遽中止になってしまいました。
でも都心へ出るのに時間がかかる私としては、既に家を出てお店に向かってしまっていたので、赤坂見附で降りてHOTELニューオータニの美術館に行ってきました。グラフィックデザイナーの野口久光さんの生誕100年の個展をやっていたのです。今回はフランス映画のポスターを展示してあって、どれも素晴らしい作品でした。主な代表作は『大人は判ってくれない』や『禁じられた遊び』などです。
で、見終わってエレベーターを降りるとサンタさんと逢っちゃったんです(^O^)アジアでただ一人のグリーンランド公認のサンタさんです。
年甲斐もなくココロが踊りました。
サンキュー・サンタさん!
皆さんにも幸あれ!
MERRY CHRISTMAS

091224_172029

091224_083350_2

| | コメント (16)

2009/12/24

Mary Christmas !

メッセージありがとうございました。
ホントにご心配をおかけしましたm(__)m
今後、健康管理には気をつけますf^_^;

クリスマスイヴですね!
皆さんはどんな夜を過ごす予定ですか?
私は、新番組の出演者の方とプロデューサーと監督と親睦会です。
とはいうものの、集まりが悪いと聞きました。イヴですもんね~(^O^)。
私も見栄を張って「予定が・・・」と言いたかったのですが、嘘が下手だし、体調も良くなってきたので参加してきます。どんなメンバーが集まるのか楽しみです。ある意味何かしらの結束が生まれそうな予感もするし・・・。
さて、今は歯医者さんに来ています。虫歯ではありません。
『容疑者Xの献身』の映画を観ながらマイク・ポップコーン(家で映画を見る時の私の必須アイテム)をムシャムシャしていたら、うっかり弾けそこなった硬いコーンをガリっと噛んでしまったのです。そしたらイヤ~な音が口いっぱいに響いて、「まさか!」と、すぐさま洗面所で大きく口を開けてみると、無残にも右下の奥から2番目の差し歯が土台だけになっていました(T_T)。
しばらく茫然としてしまいましたが、とりあえず砕けた歯を探さなければ・・・と、さらに口を大きく開けてはみたものの、ポップコーンまみれの口から探すのは容易ではなく、「よりによって・・・」ってな感じで、あとは想像にお任せします。
差し歯は三つに割れていました。修復不可能っていう感じでした(-_-)。
この残念な結果を教訓に、私はマイク・ポップコーンからの卒業を固く決意しました。
だって、98円で買ったポップコーンが差し歯1本分の金額になっちゃったんですよぉ。
しかも『容疑者Xの献身』は近々テレビで放送するっていうじゃ~ありませんかぁ。DVD代まで考えるとホントにトホホですよぉ。
でもこの緊急事態に対応してくれた先生の方が私よりトホホな顔をしていたので、人に話せる失敗ネタが増えたなって気持ちになれました。サンキュー、先生。
ちなみに破損したのは先生が丁寧に1年半前に治療してくれたばかりの歯でした。というわけで、早速ここでお話させていただきました。

091224_113822


| | コメント (26)

2009/12/22

『ご心配おかけしました』

京都の撮影は12月の上旬に無事に終えることができたのですが、その後風邪をこじらせてしまいました。ここへきて漸く完全復活できそうな様子です。

インフルエンザではなかったのですが、少し良くなると極寒の中で仕事をして、またぶり返して寝込む、という日々の連続でした。

風邪をこんなに長引かせてしまうなんて、体力不足ですね・・・本当にご心配をおかけしました。
現在は、来年の夏ごろに始まるドラマの準備に取り組んでいます(これも情報解禁になるまで時間がかかりそうです)。
今回も、今までに経験のない役に挑戦します。と言っても、前回の舞台のように宇宙人ってわけではありません。数学者です。お話しできるのはここまでです。すみません。
で、先週、役作りのために、つくばにある高エネルギー加速器研究施設にお邪魔して、小磯晴代博士にお話を訊いてきました。女性博士とお話をするのは初めてで、とても緊張していたのですが、小磯さんは瞬時に私の心中を読み取ってくださり、私の小学生のような質問にも丁寧に答えてくれました。
小磯さんは思考に柔軟性があって、『否定』というものがない方だなぁ~というのが私の感想で、マシュマロみたいな方でした。研究所という男性社会の中で、一女性が研究を進めていくのだから、おそらくビターチョコのような方なのでは、と想像していたのですが、正反対といっても過言ではないような方でした。
撮影はおとそ気分も抜けないうちからクランクインしますが、監督と相談しながら作っていきたいと思います。
ところで今回のドラマは、4人の映画監督が撮るんです。なのでとっても楽しみなんです。
では、皆さんも体調を崩されませんように、ご自愛くださいませ・・・。

091218_120618


| | コメント (32)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »